Desmosコマンド集

使用例についての記事はこちら

数式関係のコマンド

Desmosでは、入力パネルにある『関数』を押すことで欲しい関数を入力することができます。

一応、直接入力できるものもあるので、下記の表を参考にしてください。

出力入力備考
int↑↓で入力場所指定,→で次
Σsum↑↓で入力場所指定,→で次
sqrt→で次,n乗根は出せない
n◯^n「^」で指数モード,→で解除
4C3nCr(4,3)C は大文字でないと反応しない
a1,a2,…a1,a2,…文字の後に数字を入れると勝手に下付きになる
sin θsin theta
cos θcos theta
tan θtan theta
sin (π/2)sin(pi/2)sin pi/2と入力すると(sinπ)/2になる
loglog底は10になっている
lnlnlはLの小文字。loge と同じ
logelog_e「_」で下付きモード,→で解除
180°別記度数を入力することはできない。要設定変更
θtheta
αalpha
βbeta
πpi
eee≒2.7,変数として使えない。

TeXなどでなれている人からすると少し違和感があるかと思いますが、コマンドには「\」が要りません。 

 

度数(180°など)を使いたい場合

sin180°などの度数を使いたい場合、設定をいじる必要があります。

スパナのマークをタッチすると、下の画像のようなメニューが表示されます。

このメニューの1番下にある「度数法」をタッチしてください。(初期設定だと弧度法になっている)

このようになれば、「180」という数を「180°」として認識してくれます。

 

その他のコマンド

関数のボタンを押したときに出てくる他のコマンドについての解説になります。

できることコマンド使用例備考
数列の結合joinjoin([1,3],[2,4])後述
数列のシャッフルshuffleshuffle([1,2,3,4])後述
数列の並び替えsortsort([1,4,3,2])後述
最小公倍数lcmlcm(3,2)例では「=6」とでる
最大公約数gcdgcd(21,14)例では「=7」とでる
余りの計算modmod(17,5)例では「=2」とでる
切り上げceilceil(x),ceil(4.5)文字も可,ceil(4.5)=5
切り下げfloorfloor(x),floor(4.5)文字も可,floor(4.5)=4
四捨五入roundround(x),round(4.5)文字も可, round(4.5)=5
符号関数signsign(x)1,0,-1で数字を返してくる
割合を計算%50% of 150例では「=75」とでる
自然指数関数expexp(2x)例では「=e2x」とでる,eの指数を()の中で表す。

数列に関するコマンド

数列に関するコマンドについて、具体的には次の画像のようになります。

aではそのままの順番で結合されており、bではそれがバラバラに、cでは小さい順に並び替えられています。

「Desmosコマンド集」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。