新作iPad Air(4世代)を買うべきか機械ド素人がライトユーザー向けに率直な感想

※この記事はライトユーザー向けの記事です。バリバリ仕事でiPadを使いたいと思っているような方はもっと知識のある記事を参考にした方がいいでしょう。

毎年9月ごろはAppleの新作商品のお披露目会があります。

今年は新作のiPad Air,iPadとApple Watch SE, series 6が発表されたようです。

この記事では新しく発表されたiPad Airを買うべきか、iPadのライトユーザーに向けて、素人目での感想を述べていきたいと思います。

iPad Air買うなら普通のiPad買った方が良さそう

AppleのサイトでiPadの比較を見ることができます。

iPadのモデルを比較する

iPad Pro(12.9インチ)とiPad Air、iPadのを出しています。見やすくてとてもよし。

ここで問題なのは、素人目ではチップって何なのかわからん、ということですね。

漠然とした感想ですが、iPadとiPad Airだと、A12とA14というチップの違いがあるらしく「まあiPad Airの方が性能いいんやろ」という感じです。

Apple製品を買う理由は「カッコいい」とか「みんな使ってる」とか色々あると思いますが、私は「Appleならヤバい製品扱ってないだろ」という信頼があるからだったりします。(よくわからない中華製の買って安物買いの銭失いを一時期して嫌になった)

iPadとiPad Airで性能差あるんだろうけど「新しいiPadを買ったけど性能終わってて動かないw」とかにはならないと私は考えています。

なので、チップの違いが性能にどのように現れてくるのかわかりませんが「新品として出しているiPadが全然動かない」という現象が起きないという信用から、どっち買ってもいい→値段の安いiPadでいい、というのが私の見解です。

素人が見るべきはサイズと値段と重量

詳しい性能差がわからない、また実感できないライト層的に言わせてもらうと、iPad比較をする際に、重きを置くべきはサイズと値段と重量だと考えられるでしょう。

画像は、iPad Pro、iPad Air、iPadの3種のサイズと値段の比較です。

ざっくりと思った点を箇条書きしていきますと

 

・iPadとiPad Airの重さの差は約30グラム。

・iPadの128GBよりiPad Airの64GBの方が高い。

・iPad Pro12.9は最安でも10万↑

・iPad Pro12.9は他のiPadより130g(キャンパスノート1冊)以上重い。

 

こんなところです。

iPad Airは軽いイメージですけど、実際のところちょっとしか重さが変わらないんですね。

そして、 Airは最安でも6万↑と結構高い。

素人目で言わせてもらうと、ほとんど実感できない性能差を2万円で買えるかって話です。

その2万円の中に相当な努力が詰まっているのはわかるんですけど、いかんせんこっちの(使い手)がついていけてないのですから申し訳ないです。

そして、iPad Pro12.9ですが、こちらはとにかく高い。

しかし、現状これに並ぶサイズのiPadが出ていない以上、ライト層でも買う意味がありますよね。

具体的には、iPadは外枠込みでキャンパスノートより少し小さいサイズ。iPad Pro12.9は画面だけでキャンパスノートより少し大きいサイズな訳で、ノートの代わりにiPadを使いたいという人は通常iPadを買うと普段使っているノートとのサイズ差になれる必要が出てきます。

まとめ

・iPad AirはiPadより軽くなっているがそこまで変わらない。

・iPad Airは iPadより2万以上高額。

・だから 普通のiPadでいい。

・大きい iPadが欲しければiPad Pro12.9 そこまで大きくなくていいなら iPadの2択

 

以上がこの記事で言いたかったことになります。

まあまだ発売開始されていないので、この後評価が変わるかもしれませんが、私のような機械よく分かってない人には実感できないレベルでの評価だと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。