aiko聴きながらの作業が効率下がってる気がしたので調査してみた

音楽を聴きながら作業をすることって多いかと思います。

私も曲聴きながら作業するんですけど、どういうわけかaikoさんの曲を聴いているときに作業の効率が落ちている気がするんですよね。

いい曲だから聴き入ってしまうとか、独特なテンポで作業が崩されるとか色々考えたのですけど、そもそも問題作業の効率が落ちてるのかが気になりました。

そこで、タイピング練習のサイトを使って自分なりに調査してみました。

(調査と言っていますが、何度も実験したわけでもないですし信憑性は皆無です。ネタ記事として楽しんでもらえたら嬉しいです。

調査方法→Spotify上位の曲を聴きながらタイピング練習

Spotifyという音楽ストリーミングサービスがあります。

なんと無料で色々音楽を聴けてしまうという素晴らしいサイトです。(月15時間までの制約あり)

そこでaikoと調べてみると、よく聴かれている曲のランキングが出てきましたので、それらの曲を聴いてタイピングの速さや精度がどうなっているのかを比較してみようというわけです。

調査をした段階での人気順だとこんな感じになっていました。

これらの曲を聴きながらタイピングしてみようと思います。

タイピングサイトはBenesseのを使いました。

たぶん「タイピング 練習」とかで調べると1番上に出てくると思います。

曲を聴いていないときのスコアがこのようになっていました。

入力文字数:902字、正タイプ率:92.995%

1位 カブトムシ

ここでいう1位というのは、Spotifyでのランキングの話です。

スコアが1番よかったとかではないのでそこはご注意ください。

入力文字数:847字、正タイプ率:91.721%

なにも聴いていないときに比べて入力文字数が減りました。

入力ミスも少し下がっていた模様。

意外なのが、この曲を聴いているときに作業が捗っているように感じていた自分がいるということですね。

結果はこれなので受け止めます。

2位 青空

入力文字数:899字、正タイプ数:92.133%

これはほとんどなにも聴いていないときのスコアと同じですね。

特に補足することはないのですが、補足するとしたらいい曲なので是非聴いてほしいということぐらいでしょう。

3位 花火

入力文字:数902字、正タイプ率:93.436%

ついに何も聴いていないときよりもいいスコアを叩き出してしまいました。

調査3件目にしてaikoさんの曲は作業効率を下げるどころか作業精度を向上させてしまいました。

(しかしながらこんな調査方法では調査のうちに入らないので温かい目で見てやってください。)

4位 ストロー

入力文字数:856字、正タイプ率:91.959%

カブトムシに次いで、作業の効率が落ちた曲になります。

この曲を聴いていたときには明確に集中できていないという感覚があったので、自分としては予想通りの結果でした。

「君にいいことがあるようにあるようにあるように君にいいことがあるように」と言った具合に同じフレーズが繰り返されるところの印象が強く、頭の中で歌詞を無視できなかった為なのではないかと思っていたりします。

5位 ボーイフレンド

入力文字数:908字、正タイプ数:91.456%

入力文字数はわずかに通常状態を上回りました。

しかし、精度は若干落ちたという結果になりました。

まとめ

一回しか計測していませんが、

・曲によっては(5%ほど)作業のスピードが落ちていた。

・入力文字数やタイプ精度で僅かに良い結果になったものもある。

このような結果になったかと思います。

とはいえ、そこまで大きな効率低下は起きていないので、あまり効率とあまり関係ないのかと私は考えています。

単純作業の時は積極的にaikoさんを聴きましょう!

楽しんで頂けたら幸いです。

皆さんも自分の好きな曲で作業速度に変化が生まれるか個人調査してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。